株式会社アサヒはアクションカムやスマートフォンの防水ケース、本体外装、各種アクセサリーを設計製造しているメーカーです。

株式会社アサヒ

TOP >> 技術クローズアップ >> 豆知識-素材編

豆知識-素材編

・本皮と合成皮革

本皮として利用される動物は主に、牛、豚、山羊、馬、鹿、爬虫類等があげられます。
動物の皮はそのままの状態では製品に加工しにくいので、なめすなどの処理を加えて使用します。
一方、合成皮革とは基布と呼ばれるベースになる生地の上にPU(ポリウレタン)などの皮膜を乗せたもので、天然皮革に似せて作った人工素材です。
価格は一般的には本皮に比べ安いため、本皮の代用品として鞄や靴などの
いろいろなものに利用されています。
また機能性、量産性でも合成皮革の方が優れている点も多く、最近では環境問題に対応した機能素材なども出始めています。(エコ合皮)

・ナイロン

傘やストッキングなどで馴染み深いナイロンですが、1935年にアメリカ/デュポン社で発明をされ、石油を原料とする合成繊維として最初に作られました。
日本では遅れること15年、1950年に現在の東レが生産をスタートさせました。
ナイロンは石油から作った樹脂を溶かし、小さな穴の開いた口金を通して紡糸にした化学繊維です。
当時の「クモの糸よりも細く、鋼鉄よりも強い」というキャッチフレーズにも
あります通り、魚網、ロープ、タイヤコードなど様々な産業資材にも使用されています。
ナイロンは比重が小さく、軽量でしわになりにくい特長をもち、摩擦にも強く汚れも簡単に落とせて、染色性が良いなど鞄やケースにはとても適した素材です。

・起毛革

起毛革には大きく4つの種類があり、銀面(革の表面)を起毛させるヌバック、 バックスキン、裏側を加工するスエードやベロアに分けられます。よく耳にする 「スエード」は子牛、山羊、羊、豚の裏側を起毛させたものです。
「バックスキン」は雄鹿(=buck)の銀面(表面)を削って起毛させ、スエードのように仕上げたものです。
スエードが皮の裏側を使用することから、バックスキン(=back)と混合されがちです。
「ヌバック」は子牛、山羊、羊、豚の銀面にやすりをかけて起毛させたもので高級とされています。
また、「ベロア」は生後2年以上の成牛の裏側を起毛させたものです。

・不織布(ふしょくふ)

文字通り!織らない布です。
織物は縦糸と横糸を織ったり、編んだ物をいいますが、不織布は繊維を数万本並べ、重ねて、熱プレスなどで繊維間を固定してシートにするため、 繊維はほぼ、縦方向に並んでいて横糸に相当する糸はありません。
特徴としては、通気性があり、柔らかく、傷を着けにくいなど...いろいろとありますが、なんと言ってもカットしても断面がほつれることがなく、製造コストが安いことが最大の特徴です!

・天然繊維

麻や綿・わらなどの天然の植物の繊維、蚕が口から吐出した絹や羊の毛を
刈り取った羊毛など自然の繊維を利用した繊維を総称して天然繊維と呼びます。

【天然繊維分類】
・種子毛繊維(綿花・カボック綿)
・靭皮繊維(黄麻・大麻・亜麻・苧麻・青麻・洋麻)
・葉脈繊維(マニラ麻・ニュージーランド麻・サイザル麻)
・動物繊維(絹・羊毛・モヘヤ・カシミヤ・山羊・らくだ・アルパカ・ラマ・
 馬毛)

・化学繊維

天然繊維以外を化学繊維といいます。

・再生繊維(レーヨン・キュプラ等)
 木材パルプやコットンリンター(産毛)などの天然繊維を溶解し、
 紡糸して出来た繊維のことです。肌にやさしく、バクテリア等により
 生分解性のあり、土にかえる環境にやさしい繊維です。
・合成繊維(ポリエステル・ナイロン・アクリル・ポリプロピレン・
 ポリウレタン等)
 カーバイトや石油等を原料として合成した高分子の化合物を紡糸して
 出来た糸のことです。
・無機繊維(ガラス・セラミックス等)

・レーヨン

レーヨンの原材料である木材パルプは、針葉樹・広葉樹や特に成長の早いユーカリ・アカシア材から造られます。
成分は木材パルプを苛性ソーダで溶解しセルロースとして(木の主要構成分の1つで樹木繊維の骨格を構成し、細胞壁に主として存在している)
取り出したものです。
レーヨンは世界で最後に造られた化学繊維ですが、土中で自然に分解され
土に還るエコロジー繊維です。吸湿、吸水性があり、肌にやさしいので、
衣類や衣料品に使われることが多いようです。
但し、合成繊維のような繊維強度がないため他の繊維と混紡され使用されます。

・ちょっと変わったポリエステル

ポリエステル100%のスエードをご存知でしょうか?
起極細繊維を使用し、しなやかなセーム調の風合いと高度なテクノロジーによる優れたワイピング性(クリーナー)の効果をもたらします。
ストレッチ性、両面起毛により幅広い用途に活用でき、素晴らしいコストパフォーマンスを実現します。
ロゴを入れる場合は、今までは転写プリントをしていました。
しかし、この生地は熱をあてることにより変色しますので、この性質を利用し、刻印を押すだけでロゴを入れることができます。